ピルの通販購入ガイド

通販で購入できる低用量ピルの種類と価格について

ピルのシート
低用量ピル

毎日服用することで、ホルモンバランスが整い、避妊・生理痛・生理不順・肌荒れ改善などの効果があります。




低用量ピルの購入は通販が便利でお得

低用量ピルは病院処方が一般的ですが、通販サイトを利用することで価格を安く通院の手間を省くことができてとても便利です。


通販購入のメリット
  • 通院不要で24時間いつでも注文可能
  • 処方代がかからないため、価格が安い
  • 医薬品の種類が豊富
    ┗ 先発薬だけでなく、価格を抑えたジェネリック商品なども豊富


病院処方と通販購入の価格を比較

薬代 その他の出費 合計価格
病院処方の場合 約2,000円 約3,000円 約5,000~7,000円
通販購入の場合 約1,300円 約500~1,000円 約1,300~2,500円

上記の比較内容でも分かるように、通販でピルを購入する場合病院処方の半額ほどの価格に抑えることができます。


通販で購入できる低用量ピル一覧

紹介している低用量ピルは避妊の効果は全て同じですが、副作用を抑えたマーベロンや、ニキビ改善に特化したダイアンなど個々で避妊以外の効果が異なります。

購入のアドバイス

どれを購入して良いのか迷った際は、副作用が少なく、ニキビ・生理不順改善の効果があり病院処方率が高いマーベロンがオススメです。


商品名
内容量 21錠・28錠 21錠 21錠 28錠 21錠
価格 1箱1,440円
3箱4,100円
6箱6,970円
1箱1,200円
3箱3,240円
6箱5,760円
1箱1,500円
3箱4,050円
6箱7,200円
1箱2,700円
3箱7,290円
6箱12,960円
1箱2,430円
3箱6,560円
6箱11,660円
特徴 副作用が少ない
ニキビ・生理不順を改善
生理痛・生理不順改善 中度~重度のニキビを改善 ニキビ改善
PMS改善
ニキビ改善
副作用(むくみ)が少ない
通販

500引きクーポン

商品代金が一律500円割引になるお得なクーポンがあるので是非利用してください!

▼▼利用方法▼▼
クーポンコード「Syokai500」をお支払い内容確認画面で入力!


500引きクーポン

クーポンコード「Syokai500



クーポンコードをコピー

通販ユーザーの口コミ

評価:★★★★★
口コミ用アイコン1

ピルの種類もたくさん扱っていて、クリニックいくよりも不快感もないし、通販だと楽!医者から毎回同じ説明されに病院に行っていたのでしばらくクリニックへ行く必要がなくなりました。

参照:お薬なび https://okusurinavi.shop/prd_review.php?pid=175#item_review
※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
評価:★★★★★
口コミ用アイコン2

緊急時のために購入しました。荷物の追跡情報がなかなか更新されずもどかしかったですが、荷物が国内に入ってからはすぐに情報が反映されて安心しました。注文から約2週間で最寄りの郵便局で受け取ることが出来ました。

参照:あんしん通販マート https://www.anshin-tuhan.org/pill/product-383
※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。

通販は価格が安く誰でも簡単に注文できる利便性があります。

病院処方薬と同じものを通販で購入できるのでとても便利ですよね。

低用量ピル取り扱い通販サイト紹介

「通販サイトはどこがいいの?」 「サイトが多くて選べない!」
「価格が安いところは?」 「安心できるのはどこ?」

通販を利用していざ薬を購入しようと思っても通販サイト選びで迷います。
私が個人的に利用している通販サイトはユーザー数が多く、商品の信頼性が高い通販サイトです。


お薬なび

お薬なび
  • 価格が安い
  • 注文方法が充実
  • 商品種類が充実
  • ユーザーが多い
  • サポート充実

お薬なびは電話・Web・メール・FAXと利用者に合った注文方法が選べるので初めての人でも簡単に利用できます。
商品の種類も豊富で、比較的価格も安い利点があり、商品レビューを見てもユーザーが多いことが伺えます。

サポートも丁寧かつ迅速な対応で、総合的にも利便性が高く、正規品の商品を扱っていますので安心して利用できます。

ベストケンコー

ベストケンコー
  • 運営実績がある
  • ユーザーが多い
  • 写真つきのレビューがある
  • まとめ買いでさらにお得
  • クーポン発行、キャンペーンを頻繁に行っている

ベストケンコーは個人輸入代行サイトでは老舗と言えるほど長い運営実績があります。
実際に利用しても問題なく医薬品を使用できています。

サイト内にはそれぞれの医薬品に写真つきレビューがあり、実際に利用している人の声を生で確認できます。
クーポンの発行やキャンペーンも他の通販サイトと比べて多く、まとめて購入することで大幅な割引が期待できます。

お薬ラボ

お薬ラボ
  • 取り扱い医薬品の種類が豊富
  • 期間限定のキャンペーンや企画を行っている
  • メーカーから正規品を取り寄せている
  • ユーザーサポートが充実している

プライバシーを配慮したサービスで箱の中身がわからない梱包や郵便局留めが可能です。
商品も正規品を取り扱っているため安心して利用ができる販サイトです。

あんしん通販マート

あんしん通販薬局
  • 専門機関での成分鑑定を行っている
  • 期間限定のキャンペーンを頻繁に行っている
  • 定期的に購入することで還元ポイントがつくためお得
  • 商品の品揃えが豊富

あんしん通販マートは特集やサイトの新着情報が多くあり、売れ筋商品や口コミなどの最新情報がすぐに確認できます。

専門機関で成分鑑定を行っており、厳選した正規ルートから薬を取り寄せているため取り扱い商品は本物と言えます。
あんしん通販マートはその名の通り安心して利用できるサイトです。

お薬通販部

お薬通販部
  • 取り扱い商品が豊富
  • 比較的価格が安い
  • まとめ買いでお得

お薬通販部は10,000円以上の購入で送料が無料になります。
ピルの価格も他の通販サイトと比べても安く、ピル以外にも女性にとって嬉しい美容系の商品も豊富に扱っている通販サイトです。


楽天やアマゾンでは購入できない

通販と聞くと楽天やアマゾンを想像する人も多いでしょう。 また、これらの通販サイトで医薬品を購入したという人もいると思います。 しかし、低用量ピルは処方箋薬になるため原則、一般的な通販や薬局、市販で取り扱いがありません。 ではなぜ上記で紹介した通販サイトで買うことができるかと言うと、個人の使用に限り海外から輸入するという仕組みになるからです。 この仕組みであれば法律でも認められており、安心して医薬品を個人輸入できます。 個人輸入に必要な難しい手続きを代わりに行ってくれるのが個人輸入代行サイトです。


低用量ピルの通販購入方法

通販で購入する方法は簡単で、3ステップで購入ができます。

医薬品の通販サイトを探す

海外の医薬品は個人輸入代行サイトでのみ購入できます。 そのため、最初は個人輸入代行サイトを探しましょう。

※楽天やアマゾンなどの大手通販サイトではピルなどの処方箋薬を取り扱っていないため購入することができません。
薬を選択する

サイトを見つけたら医薬品名を検索窓に入力しましょう。

※取り扱っている医薬品はサイトによって異なるので希望の商品が無い場合があります。
注文する

購入予定の薬が見つかったら買い物カゴへ入れます。
商品名や注文数に誤りがないかしっかりと確認し、個人情報を入力します。
個人情報は名前や住所などの配送先になります。
個人情報を入力したら決済方法を選択し、必要な情報を入力すると注文が完了となります。

この3ステップが完了したら、約1~2週間以内で注文した商品が到着します。
商品追跡で現在の配送状況を確認できるので予め到着する予定が把握できます。

低用量ピルについて

首をかしげる女性

低用量ピルとは低用量の女性ホルモンが含まれた薬になります。
世界ではメジャーな避妊薬として用いられる薬で、日本では1999年に承認された薬です。 日本ではピルと聞くとあまり良いイメージがありませんが、国によっては60%以上の女性が使用しているほど有名な薬です。

ピルには排卵ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類のホルモンに似た成分が含まれています。
ピルを使うことで、女性ホルモンが増加し、妊娠していると脳が錯覚します。
この作用により子宮内膜の増殖を抑え、子宮内膜に受精卵が着床することを妨ぎます

さらに、子宮頚管粘液の粘度が増す作用もあり、精子が子宮へ侵入することを防ぐことから避妊効果が望めます。

低用量ピルの効果

  • 生理周期の安定
  • 生理痛や出血量の緩和
  • 子宮体ガン、卵巣ガンの予防
  • 子宮内膜症の改善
  • 生理前のイライラ軽減
  • ニキビ、肌荒れの軽減
  • 避妊

上記のような女性特有の病気の症状改善に期待できます。
女性ホルモンを体内に取り込むことで、ホルモンバランスを安定させることで望める効果のようです。

低用量ピルの副作用

悩んでる女性

低用量ピルを飲んだことで起こる主な副作用は下記の通りです。

  • 吐き気や嘔吐
  • 頭痛・めまい
  • 不正出血
  • 倦怠感や疲労感
  • 乳房の張り

副作用の中でも吐き気が最も多く現れるようです
ごく稀に血栓症の症状を起こすことがあるようですが、低用量ピルを服用している人のほとんどが血栓症の副作用が出ていないと確率としてはかなり低いようです。

しかし、命にかかわる危険な副作用と言える為、副作用には注意しましょう。

副作用の出やすいタイミング

低用量ピルを服用して体が慣れるまで副作用を感じやすいと言われていますが、2~3ヶ月ほどで副作用の症状は緩和されてきます。

副作用には個人差があり、副作用の強弱も人により異なり、全く副作用を感じなかったというケースもあります。
副作用が24時間以上続いたり、症状が強すぎる場合、重篤な副作用や他の病気との関連性も考えられるためすぐに医師へ相談しましょう。

副作用への対処法

副作用で最も多いと言われている吐き気の対処法を紹介します。
吐き気の症状で不快な気持ちに悩まされた人は多いでしょう。
この吐き気は市販の吐き気止めや、乗り物の酔い止め薬を飲むことで緩和できます。

病院でもピルと一緒に吐き気止めを処方されることもありますので、吐き気止めとの併用は問題ないと言えます。

※鎮痛剤や頭痛薬でも「アセトアミノ フェン」を含む薬はアフターピルとの相性が悪いので避けるようにしてください。

副作用で吐いた場合

低用量ピルを服用して2~3時間以内に副作用の吐き気によって吐いた場合、吐いたあと12時間以内に飲みなおしが必要です。

嘔吐によって成分が十分に吸収されずに体の外に出た可能性があるので、飲み忘れや嘔吐があった直後のセックスは控えましょう。


服用方法

手のひらに薬

低用量ピルは1シート21錠入りと28錠入りのものがあり、どちらも毎日同じ時間に1錠服用します。

21錠シートの場合
  • 生理初日から毎日決まった時間に1錠服用
  • 21日分(3週間分)服用後、22日目から休薬期間
  • 休薬期間は22日目から28日目の1週間
28錠シートの場合
  • 生理初日から毎日決まった時間に1錠服用
  • 21日分(3週間分)服用し偽薬(プラセボ)を22日目から28日まで(21錠シートの休薬期間)服用
  • 28日目の服用が終わると新しいシートの服用を開始します。

※新しいシートの服用も毎日決まった時間に設定しましょう。

低用量ピルの飲み合わせ

低用量ピルは以下の薬との併用に注意が必要です。
常用している薬があれば該当していないか医師に相談してください。

  • 三環系抗うつ剤
  • 痛みや炎症を抑えるためのステロイド系薬剤
  • テトラサイクリン、ペニシリン系の抗生物質
  • 血糖降下剤
参照:https://www.seikoclinic.jp/gynecology/pill/low_dose_pill/

低用量ピルを飲めない人

  • ガンの疑いがある
  • 血栓症などの既往暦や疑いがある
  • 35歳以上かつ1日15本以上の喫煙者
  • 重度の頭痛を持っている
  • 糖尿病を患っている
  • 高血圧
  • 妊婦、妊娠の可能性のある人
  • 授乳中

患っている病気の悪化や血栓症などのリスクが高まるため上記の人はピルを使うことができません。


低用量ピルのよくある質問

低用量ピルのよくある質問

低用量ピルで生理痛は悪化する?

低用量ピルのリスクの一つとして生理痛が悪化すると誤認されていることが多いようですが、低用量ピルは避妊の効果以外に月経困難症の改善が期待できる薬です。
ホルモンバランスを整えることで生理周期を安定させ、さらに生理を早めたり、遅らせたりなどの調整も可能とされています。

これらのことからも低用量ピルが原因で生理痛が悪化することはありません
低用量ピルを使っていて生理痛が悪化したと感じる場合は、子宮内膜症などの他の病気の可能性が考えられますので専門医の受診をオススメします。

低用量ピルで不妊になるの?

お腹を押さえる女性

よくピルの影響で妊娠できなくなるという噂があります。
実際に私もピルというものを知るまではそう思っていました。
しかし、ピルは適切に中止することで妊娠可能な状態に通常は戻ります。

避妊以外に月経周期異常などの症状にも使われますが、うまく活用することで不妊治療にも期待ができる薬で、病院でも不妊治療のため低用量ピルが処方されるケースもあります。

ピルを使うことで様々な利点があり、うまく使うことで不妊になることなく、むしろ不妊の治療にも期待ができます

低用量ピル以外のピル

アフターピルパッケージ

ピルは低用量ピル以外に緊急避妊薬のアフターピルがあります。
アフターピルは避妊に失敗したあと飲むことで避妊できる薬です。

低用量ピルは毎日服用することで避妊の効果が得られる薬で、普段から服用していない人が避妊に失敗したあと急いで服用しても避妊の効果はありません。

一方でアフターピルは子宮の中に精子が出てしまっても、すぐに飲むことで避妊効果が期待できます。

アフターピルの役割

アフターピルは急激にホルモンのバランスを変化させる効果がある薬です。
急激にホルモンのバランスを変化させることで、受精卵が子宮内膜へ着床することを防ぐとされています。

中絶薬とは異なり妊娠する前に使う薬で、妊娠を回避する用途のため100%避妊ができるとは限りません。
また、服用する時間によって避妊率が大きく変わる薬なので、避妊に失敗した場合病院へ行ったり、通販で注文している間にも避妊率は低下します。

万が一に備えてアフターピルを1つ準備しておくことが自分の身を確実に守ることに繋がります。

低用量ピルとアフターピルの違い

低用量ピル

効果 服用方法
  • 生理周期の安定
  • 生理痛や出血量緩和
  • 子宮体ガン、卵巣ガンの予防
  • 子宮内膜症の改善
  • 生理前のイライラ軽減
  • ニキビ、肌荒れの軽減
  • 避妊
1日1回1錠を決まった時間に服用(毎日)

アフターピル

効果 服用方法
  • 緊急避妊
避妊に失敗したセックスのあと服用
1回1錠のみの服用(1回きり)

低用量ピルとアフターピルはホルモンの含有量が異なり、服用回数やタイミングも異なります。
低用量ピルは日常で使う薬で、アフターピルは避妊に失敗したときのみの使用になります。

低用量ピルが向いている人

  • 生理痛や生理周期の改善がしたい
  • ニキビ、肌荒れ改善したい
  • コンドームを使った避妊が少ない
  • 旅行やイベントの際に生理で悩みたくない

低用量ピルは避妊以外の女性特有の病気の症状の改善効果も期待できる薬です。

アフターピルが向いている人

  • コンドームを普段から使用していない
  • 薬の服用回数を増やしたくない
  • 毎日同じ時間に服用するのが困難

毎日薬を飲むことに抵抗がある人や、服用忘れを防ぎたいなどの理由から低用量ピルを使わず、アフターピルを常備している女性も少なくないです。

まとめ

微笑む女性

ピルは日本でまだ認知度が低いと感じる薬で、悪い印象を持っている人も少なくないです。
しかし、病院で処方されるほど信頼性の高い薬で、様々な症状に対して効果が見られる優れた薬です。
避妊を目的として使用されますが、避妊以外に生理不順、生理痛などの女性特有の症状を改善にも使われます。
現在では病院へ行かなくてもピルを通販で安く買うことができます。

ピルを使っていると知られたくない、病院へ行かずに購入したい、価格を抑えたいなどの理由から通販を利用して購入する人は多いです。

女性ならではの悩みも改善でき、普段から予期せぬ妊娠を避けることができる女性にオススメな薬です。

 


目次