ピルの通販購入ガイド

ピルのメリットとデメリット|知って安心対処法!

ピルのシート

低用量ピルのメリット

低用量ピルのメリット

ピルと聞くと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべますか? ほとんどの人があまり良いイメージがないのではないでしょうか。 しかし、低用量ピルは女性にとって嬉しい様々な症状の改善効果が期待できるのです。 様々な症状の改善効果は低用量ピルの副作用によって感じる効果で、メリットとして感じられる副作用のことを『副効用』、『副効果』と言います。 ここでは低用量ピルを使って感じたメリット(副効用)を紹介します。

月経に関する改善

ピルは月経周期を乱したり、生理痛を酷くする原因と思っていた方も多いかと思いますが、低用量ピルは服用を継続することで月経周期の安定や生理痛を和らげてくれます

生理前になるとちょっとしたことでイライラしたりと、精神的に不安定になりがちですが、このような症状も低用量ピルを使うことで緩和できるのです。

ガンの予防

低用量ピルの間違った認識や噂でガンになると耳にする事がありますが、実際はむしろその逆で低用量ピルは子宮体ガンや卵巣ガンのリスクが低下するとされる優秀な薬なのです。

低用量ピルを飲むことで排卵が抑制され、卵巣へかかるストレスが緩和されます。
このストレス緩和が卵巣ガンのリスクを低下させる事に繋がります。

また、子宮内膜を綺麗にはがし、古い内膜の蓄積を防いでくれます。
古い内膜の蓄積は子宮体ガンのリスクに繋がると言われいるので、蓄積を防ぐ低用量ピルは子宮体ガンのリスクを低下させてくれるのです。

その他の予防・治療効果

生理前のイライラや肌荒れどうにかしたい!!

こんな悩みを抱えている女性は多く、美容グッズやストレス解消法などたくさん使ってきたという方もいるのではないでしょうか。

低用量ピルにはホルモンバランスを整える働きがあり、生理前のホルモンの乱れを緩和してくれます。
そのため、生理前のイライラやニキビや肌荒れ、精神的な不安や倦怠感の軽減が期待できます。

下手に高い美容グッズを買ったりするよりも低用量ピルをうまく使ってホルモンのバランスを整える方がメリットが多いのでオススメです。

低用量ピルのデメリット

低用量ピルのメリットについて紹介してきましたが、デメリットの面も知っておきましょう。
デメリットにあたるのは副作用の吐き気や頭痛、倦怠感やめまいです。

症状は個人差があるため、副作用の強弱は人によって異なります。
低用量ピルは基本的に副作用の症状が少ないとされていますが、デメリットを知っておくことで実際に症状が出たときにも慌てず対応することができます。

低用量ピルのよくある副作用

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • めまい
  • むくみや乳房の張り

これらの症状は私も実際に感じましたが、思っていたほど酷くはなかったです。
ピルは服用するとホルモンバランスが変化し、妊娠初期のホルモン状態に近づくと言われています。

そのため、よくある副作用は妊娠初期に現れる症状に近い状態です。
私の場合、副作用はピルを服用し続けて1ヶ月半ほどであまり感じなくなりました。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254910CF1025_2_15/

まれにある副作用

  • ふくらはぎの痛みやむくみ
  • 胸の痛みや呼吸困難
  • 頭痛や意識障害
  • 舌のもつれや、視野のかすみ

上記のような症状は血栓症の予兆の可能性があります。すぐに服用を辞め医師へ相談しましょう。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254910CF1025_2_15/

副作用の対処法

副作用の対処法

ピルには様々な副作用がありますが、副作用の症状は事前に対処することができます。

私はネットや友人からの情報を収集し、自分なりに対処法を考えました。
それぞれの症状にあった対処法を紹介します。

吐き気

吐き気の症状は最も感じやすいと言われる症状で、私も実際に吐き気による不快な症状に悩まされたことがあります。
せっかくピルを飲んだのに、副作用の吐き気によってピル服用後3時間以内に吐いた場合、成分が十分に吸収されていない状態で体外へ出た可能性があり、飲みなおしが必要になります。
軽い吐き気の場合は市販されている乗り物酔い薬を飲むことで吐き気を緩和することができます

ピルと一緒に吐き気止めを飲むことに抵抗がある人は、ピルの服用時間を眠る前に設定しましょう。
吐き気止めを飲むという対処法以外にもピルを半分にして12時間おきに半分ずつ飲み、吐き気を抑える対処もできます。

他にもピルの種類を別の物に変えることもひとつの手段です。
薬には個人差があるため、自身に合った薬を見つけることが大切です。

不正出血

不正出血はピルの飲み始めや、飲み忘れがあった際に起こることが多いです。
ピルを服用している人には不正出血は珍しいことではなく、出血の期間が2~3週間続く場合もあれば、1ヶ月以上続くケースもあります。

不正出血は1シート目を飲みきって、2シート目に入ると大体の人が治まってきまが、飲み始めて1週間で起こる人もいれば、なかなか出血が起こらず、2シート目で出血が起こる人もいます。
事前に知っていても、急に起こる出血のため不安になる人も多いですが、出血の量が多すぎたり、長期間続くようなことがない限り心配しすぎなくて大丈夫です。

不正出血の起こりにくいピルとしてトリキュラーなどがあるので、出血が心配な場合は使用しているピルの変更をオススメします。

めまい

めまい

めまいの副作用は発症率としては低いですが、めまいによって転倒や怪我をする可能性があります。
めまいの症状は血栓症の前兆とも考えられるため、ピルを服用しているときに起こるめまいの症状には気を付けましょう。

タバコやアルコール、カフェインの摂取もめまいの原因となるので、ピルの服用中は避けましょう。
めまいの予防法としては規則正しい生活を心がけ、日常生活の動作はなるべくゆっくりと行うことです。
マーベロンはめまいの発症率が1%未満とされていますので、めまいが心配な場合オススメです。

体重増加

ピルに含まれる男性ホルモンが原因で食欲が増え、乳房や腰周りなどの皮下脂肪を増やすとされています。
ピルは外見的にも女性らしいボディラインを作るとされ、腎臓から体内の塩分を排出する働きを抑える作用があります。
そのため、体内に塩分がたまりその塩分が水分を吸収するので体内に水分がたまり、体がむくみやすくなると言われています。

体重増加の症状はピルの服用を止めることで治まります。
ピルの服用を継続する場合、食生活の改善を心がけ、食欲が増しても摂取する食べ物の内容や量を調整することで緩和する事ができます。
マーベロンやヤーズは男性ホルモン作用が弱いとされているので、こちらに切り替えるのも良いでしょう。

頭痛

ピルの服用を服用をやむを得ず中止した原因として多い症状が頭痛です。
頭痛は吐き気や胃痛も伴う辛い症状で、ピルによる頭痛は痛みが4時間~27時間続くと言われています。
ピルによって体内のホルモンバランスが一時的に乱れ、血管が拡張して痙攣を起こします。
この働きが頭痛の原因となります。

また、血管の拡張を抑えるセロトニンという脳内物質が低下するため、血管が収縮されず、頭痛が続いてしまいます。
頭痛は休薬期間中に起こることが多く、頭痛を避けるために休薬期間をとらず、3周期分を続けて服用するという方法があります。
休薬期間をとらずに服用を継続することで、頭痛の症状は徐々に緩和されていくとされています。

また、市販で販売されている頭痛薬との併用は問題ないとされているので、頭痛薬を飲んで痛みを緩和するという方法もあります。
ヤーズやヤスミンなどのピルだと頭痛が出にくいと言われていますので、これらのピルを使うことで頭痛緩和に期待できます。

倦怠感

ピルの飲み始めや休薬期間中、ピルの服用を急に止めたときに出やすい症状で、倦怠感はホルモンバランスの乱れによるものだと言われています。
実際に私もピルの飲み始めはだるさを感じましたが、運動やストレッチをする事で症状が緩和されました。

倦怠感は手足のだるさだけであれば大きな心配はいりませんが、手足の激しい痛みや腫れなどの症状が見られる場合は血栓症の疑いがあります。
その場合はすぐに病院へ行きましょう。

倦怠感を予防するためには『タンパク質』『鉄分』『ビタミンB1』を含む食事を心がけましょう。
これらの食事には倦怠感や疲労を取り除く働きがあり、ピルの影響で現れる倦怠感の緩和が期待できます。

アフターピルのメリットとデメリット

アフターピルのメリットは、避妊に失敗後でも正しい用法用量で高確率の避妊の効果を得られると言うことです。
デメリットとしては含まれるホルモンの量が多いため、副作用を強く感じる場合があります。

アフターピルの主な副作用

  • 吐き気や嘔吐
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • めまい

アフターピルの副作用で吐き気による嘔吐には注意しましょう。
服用から約2時間以内に吐き気によって嘔吐した場合、効果を十分に得られない可能性があり、飲みなおしになります。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254900AF2024_1_04/

まれにあるアフターピルの副作用

  • ふくらはぎの痛みやむくみ
  • 胸の痛みや呼吸困難
  • 頭痛や意識障害
  • 舌のもつれや、視野のくすみ

このような症状は血栓症の疑いがありますので、すぐに服用を止めて医師へ相談しましょう。

参照:PMDA http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/254900AF2024_1_04/

アフターピルの副作用の対処法

アフターピルの副作用は十分効果を得られないことに繋がるケースがあります。
低用量ピルとは異なり、緊急で使う薬のため何度も使うことは体の負担を考えてもよくありません。
そのため、副作用については事前にしっかりと知識をつけて対策しましょう。

吐き気

副作用の吐き気の症状は市販の吐き気止めや乗り物酔いの薬を使うことで症状を緩和することができます。
病院でもアフターピルを処方してもらう際、吐き気止めの薬を一緒に処方されることがあります。
アフターピルとの併用は問題ないとされているので、吐き気が心配な場合備えておくといいです。

そもそもピルとは?

そもそもピルとは?

ピルは避妊目的、月経困難症などの女性特有の病気の治療などで使われる薬です。

ピルには妊娠したときに分泌されるホルモンが含まれており、子宮内へ精子が侵入するのを阻止します。
子宮内膜を変化させ万が一受精したとしても受精卵が着床しにくい状態を作ります。
ホルモンのバランスを整え月経困難症などの改善にも期待できる薬です。

低用量ピルとアフターピル

ピルは大きく分けて2つに分類されます。
1日1回決まった時間に毎日服用する低用量ピルと避妊に失敗したあと服用する緊急避妊薬のアフターピルです。
どちらも共通しているのは避妊効果が得られるという事です。

低用量ピルは避妊以外の用途で使われることもあり、私は生理痛の改善として使っていました。
このように人によって用途が異なりますが、正しい使い方をする事で安全で効果的に使うことができる薬です。

低用量ピルの服用方法

21錠シートの場合

生理初日から毎日決まった時間に1日1錠を21日間(3週間)服用し、22日目から28日目の1週間は休薬期間(ピルの服用をしない期間)となります。

休薬期間は出血が起こることがありますが、この出血は排卵を行わない無排卵月経になります。

28錠シートの場合

生理初日から毎日決まった時間に1日1錠21日間(3週間)服用します。
飲み忘れ防止の偽薬を22日目から28日まで服用します。
偽薬を服用している期間(21錠シートだと休薬期間)は出血が見られる場合がありますが、この出血は排卵を行わない無排卵月経になります。
偽薬の28日目の服用が終えたら新しいシートの服用を開始します。

※新しいシートも毎日決まった服用時間に設定してください。

アフターピルの服用方法

ノルレボ錠の場合

アフターピルの服用方法は避妊に失敗したセックスの後から72時間以内に1回1錠または2錠を服用します。

プラノバール錠(中用量ピル)の場合

中用量ピルで緊急避妊する場合の服用方法は避妊に失敗したセックスの後から72時間以内に2錠服用します。
その後、12時間後にさらに2錠服用します。プラノバール錠を使う場合は合計4錠を2回に分けて服用します。

ピルの購入方法

ピルの購入方法

ピルの購入方法は病院で処方してもらう方法と通販で購入する方法になります。
私は病院で処方してもらっていましたが、ピルについて携帯で調べていると通販でも購入する事ができるのを知りました。

通販で医薬品が買える?

初めは通販で薬が買えるなんて半信半疑でしたが、病院へ行かなくても自分のタイミングで、しかも病院よりもずっと安く購入できるという利便性に惹かれ利用するようになりました。

ネット上には通販で購入することのメリットやデメリットの情報ががたくさんありましたが、特に大きな問題もなく利用する事ができています。
すでに病院から処方をしてもらって使っていたので、通販で購入したからといって 副作用や使い方に関するトラブルなどは起きていません。

通販でピルを購入することはすごく手軽で簡単ですが、まずは病院で処方してもらい医師から使い方などの指導をしっかりと受けて、自分に合っているピルを見つけてから通販を利用することをオススメします。

病院処方の話

病院によっても異なるようですが、私が処方してもらった病院では一般的な問診と血圧の測定がありました。
また貧血や肝機能、脂質に関しての数値をみるため血液検査をしました。

私が通っていた病院は低用量ピルが1シート2,000円ほどでした。
薬代に血液検査(3,000円以上)、初診料(3,000円以上)、指導料(3,000円以上)などが含まれ約1万5千円以上はかかりました。(3シート分処方)

当時はそんなものかと思っていましたが、これらの費用以外に交通費がかかり、さらに病院へ行く時間と待ち時間が発生する事を考えると長期的に利用するのはちょっと負担になると思い、最終的には通販を利用することに決めました。

通販購入の話

通販での購入は最初は半信半疑でした。
通販で医薬品を購入して偽造品だった、商品が届かなかった、届いたけれど箱がボロボロだったなど、通販で医薬品を購入することに対して初めは良いイメージを持っていませんでした。

でも、病院で薬をもらい続けるのもお金がかかるし・・・。

どうしようか悩んでいた時に、たまたま仕事の休憩中に同僚が『生理痛が酷くて通販でピル買ったんだけど、使っているうちに肌荒れも改善できた』という話しをしていました。
さらに詳しく通販のことを聞くと特に大きな問題もなく、安全に利用できている様子だったので私もその日、自宅へ帰ってすぐに携帯で注文しました。

思い立ったときにすぐに注文できて病院よりも安く買えるし、注文した後は自宅で商品が届くのを待つだけなんて便利すぎます。
薬が届いたのは注文から10日後くらいでした。
国内の通販に比べるとやはり遅いと思いましたが、薬代の2,000円だけ済み、薬の品質も病院で扱っているピルと違いがわからないほどだったので、それ以来通販で安くピルを購入して使っています。

ユーザーの口コミ

評価:★★★★★
口コミ用アイコン1

忙しいのに毎回処方してもらうのがネックでした。たまたまネットをみていて知ったので購入してみることに。個人輸入が簡単にできるのはありがたいですね。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:おくすり購買部 https://www.yuribashmet.com/detail.php?pid=375
評価:★★★★★
口コミ用アイコン2

通販で購入できれば手間が減ると思ってしらべました。怪しいサイトも多いけど、ここはちゃんとしていますね。体験談も多く、信頼感があります。届いた商品も服用しましたが、副作用ゼロでした。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:お薬ラボ https://okusuri-labo.com/product.php?pid=545#review

通販で購入できる低用量ピル

私が実際に使ったことがあり、比較的に病院で処方される薬と大きく効果や使い方に差がないピルを紹介します。

マーベロン

マーベロンパッケージ

低用量ピルの中で最も人気があり、病院でも処方されることが多いマーベロンは副作用が少ないとされており、安全性の高い低用量ピルです。
1シート21錠と28錠の2種類があり、28錠には飲み忘れ防止の緑色のプラセボ錠剤(偽薬)が7錠入っています。

トリキュラー

トリキュラーパッケージ

生理痛や倦怠感、イライラなどの緩和にも効果が期待できる低用量ピルです。男性ホルモンを抑えることで、ニキビや肌荒れ、多毛症の改善も期待できます。

ダイアン35

ダイアン35パッケージ

体格の小さいアジア人向けとして開発された薬で、副作用も少なく安全性の高い薬です。
小さい丸形で黄色が特徴の錠剤です。

まとめ

私は病院で処方されたのをきっかけにピルに対するイメージが大きく変わりました。
ピルを飲み続けることで将来的に体に関するリスクを抱えるのではないかという心配もありましたが、子宮体ガンや卵巣ガンの予防にもなるし、ニキビや肌荒れ、多毛症の改善もでき、生理痛も改善されるので、悩んでいる方はぜひピルの活用をした方が良いと思いました。

ピルを使い出してからは生理痛で仕事を休む事もなくなり、ピルに対する悪いイメージも消えて、今ではピルのおかげで充実した生活を送ることができていると感じています。

ピルは改良に改良が重ねられて、昔よりも更に効果や安全性も高まっているため、今は利用する人が増えているようです。
私のようにピルに対するデメリットばかり気になってピルに対してあまり良いイメージを持てない方もまだまだ多いと思いますが、実際に使ってみたらもっと早く使っておけば良かったと思うくらい生理痛が楽になって生活の質も良くなったので、このサイトと出会った事をきっかけにぜひ試してみて欲しいです。

 


目次