ピルの通販購入ガイド

コンドームだけの避妊は失敗する可能性が高いです!低用量ピルも併用して確実な避妊をしましょう。

コンドーム

コンドームだけの避妊は危険

男性女性含め日本人の多くが『避妊にはコンドーム』という認識が強いと思います。コンドームはコンビニや自動販売機などで簡単に購入でき、手軽に避妊できる方法ですが 100%安全とは限りません。
コンドームを着けていても妊娠してしまうケースは珍しくなく、これには想定外のトラブルも多く関係してきます。

あなたはパートナーとのセックスでコンドームを使う時、正しく使用できている自信はありますか?
当サイトでは失敗例なども紹介しながらコンドームの使い方について分かりやすくまとめています。また、完璧な避妊方法もご紹介します。

コンドームの使用方法によって異なる避妊率

コンドームは正しく使用すれば98%の高い避妊率といわれています。
他の避妊法より比較的簡単に避妊が出来るコンドームはとても融通の利く便利なものとなっていますが、
その装着方法やコンドームの素材の品質などの問題もあって完全に避妊できるとは言い切れません。

コンドームの装着方法を手順を追って箇条書きでまとめてみました。

  • 1. 袋から取り出すときはコンドームが傷つかないように気を付ける
  • 2. コンドームの外側と内側を確認する
  • 3. コンドーム先端部の精液だめに空気が入らないよう指でつまむ
  • 4. 亀頭にピッタリと被せ根元までゆっくり引き下ろす
  • 5. 射精後は精液が漏れないよう気を付けながら抜く

コンドームを使用する場合は必ず勃起した状態で装着してください。 また、1度挿入した後に途中からコンドームを装着して膣内射精を防いでも、避妊していることにはなりません。

装着までの間に我慢汁の中に精子がまざって体内に漏れ出ている可能性があるためです。
挿入時は必ず最初から最後までコンドームを装着した状態で行って下さい。

他にも以下に当てはまるやり方は正しい使用方法ではありません。

  • 使用したり、しなかったりと毎回使うわけではない
  • 使用期限が過ぎたものを使っている
  • サイズが合っていない

コンドームは正しく使用すれば避妊率は98%と言われています。
しかし正しい使用方法は実際には難しく、一般的なコンドームの避妊率は85%と言われています。

コンドームで避妊に失敗したケース

避妊にコンドームを選んだ場合、100%避妊できるものではないことに注意してください。
ここではコンドームの避妊に失敗した方々の体験談を紹介したいと思います。

評価:★★★★★
口コミ用アイコン1

以前、ゴムがはずれて避妊に失敗してしまいました。仕事もあった為すぐに病院へ行けず、結局アフターピルを飲んだのはぎりぎりの日でした。 これからは通販でまとめ買いして手元に置いておこうと思います。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:ベストケンコー https://www.bestkenko.com/products/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%AB
評価:★★★★★
口コミ用アイコン1

ゴムが破れて避妊に失敗した経験があるので、今はアフターピルをお守りがわりに持っています。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:ベストケンコー https://www.bestkenko.com/products/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%AB#tabs

コンドームが外れたり、破れたりと、想定外のトラブルによって失敗してしまう方が多いようです。 コンドームで避妊に失敗するありがちな理由をまとめるとこうなります。

  • いつの間にか破れていた
  • 途中で外れてしまった
  • 射精した後に精液が漏れてしまった

人間誰しも失敗するものです。特に感情的に盛り上がってしまうと冷静さを失い、気が付くと失敗していたなんて事はよくあることです。
コンドームはたとえ破れなくても漏れることがよくあります。

セックスが終わればペニスは勃起状態から通常状態に戻り、サイズも小さくなります。
そうなるとゴムとペニスの間に隙間が生まれ、そこから精液が漏れる事があります。
パートナーの男性とセックス後の余韻を楽しみたい時もあるかも知れませんが、行為が終わったらすみやかに膣内からペニスを抜くようにしてください。

完璧に避妊をする方法とは?

ここまでコンドームは100%完璧な避妊方法ではないと説明してきました。
では避妊を完璧にすることはできないのでしょうか?

実は、欠点を補完し合うことで100%に近づける方法があります!
それは、コンドームとピルの合わせ技です!

今妊娠を望んでいない女性には特にオススメな方法で、コンドームの使用と合せてピルも同時に使用する事でほぼ100%の確率で避妊することが可能になります。
もしコンドームで失敗しても、ピルの避妊効果でその失敗をカバーする事が出来るからです。
また、ピルは生理痛や子宮内膜症など女性特有の問題も改善することができるので、かなりお得といえます。
たった1度のミスでも妊娠する時はしてしまいます。そんなことにならないよう、自分の身は自分で守れるようにしておきたいものです。

ここでオススメしたいのは個人輸入代行サイトの通販です。
ピルは種類によって、飲む人の体質に合う合わないという問題は少なからずあります。
通販は海外のジェネリックも含めて豊富な品数のピルを取り扱っているので、自分に合うピルをじっくりと選びたい方にオススメです。

マーベロン

マーベロンパッケージ

マーベロンは世界中で愛され、とても人気が高い低用量ピルです。副作用が少なく、安全性も高い事から病院でもよく処方されますが、通販なら病院で処方してもらうよりも安く購入する事ができます。
21錠タイプと飲み忘れを防ぐ7錠のプラセボ錠剤(偽錠)が入った28錠タイプの2種類があります。

トリキュラー

トリキュラーパッケージ

トリキュラーは日本で人気が高い低用量ピルです。女性のホルモンの変化に合わせて成分の量が異なる3種類の薬を順番に飲む仕組みです。この特徴により、副作用が抑えられていると言われています。
トリキュラーも病院で処方されますが、通販で安く購入する事ができます。

コンドーム以外の避妊方法

コンドーム以外の避妊方法

避妊方法は男性主体のコンドームだけではなく女性主体の方法もいくつかあります。
毎日の基礎体温を測るだけの簡単な方法からクリニック(産婦人科)での避妊手術といったものまであります。
ここではその避妊方法についてメリットとデメリットも合わせて紹介します。 自分のライフスタイルに合った適切な避妊法を選択してください。

低用量ピル

経口避妊薬またはOCとも言い、2つの女性ホルモンの働きで避妊効果を得るしくみの避妊薬で、 低用量とは薬に含まれる女性ホルモンの量を指しており、ほとんど副作用がないとされるピルのことです。

低用量ピルは毎日飲み続ける事でほぼ100%の避妊が期待できるといわれ、女性が主体的になって避妊できる方法です。
しかし飲み忘れが続けて起きた時は避妊率が著しく下がるので注意が必要です。

子宮内避妊システム

子宮内避妊システム(IUS)とは産婦人科で行われる避妊具と呼ばれる器具を使った避妊法の一つです。
プラスチック製の特殊な器具を膣から子宮内に挿入し、装着後は微量の黄体ホルモンを出し続け卵子が受精しても受精卵が着床しにくい状況を作りだすしくみです。

子宮内避妊システムは1度装着すると最長5年の間は避妊効果を維持できるといわれていますが、自分で器具を付けたり外したりする事はできないので、希望する場合は必ず医療機関で医師によって対応してもらう必要があります。

子宮内避妊用具

子宮内避妊具(IUD)はIUSと似た避妊法でこちらも産婦人科で装着と脱着が行われます。
装着している間、黄体ホルモンを出し続けるIUSに対し、IUDは銅イオンを出し続け受精卵の着床を防ぐ効果があります。

避妊効果は2年~5年といわれ、授乳中でも使えるというメリットがありますが、出産未経験の女性は自然に脱落する恐れがあるのでこの避妊方法を行う事はできません。

リズム法

オギノ式とも呼ばれています。
避妊方法というよりも妊娠しやすい日を予想するための方法です。
細かく体温を測れる婦人体温計を使って毎日基礎体温を測ります。

排卵日付近で高温期、生理になると低温期になります。
高温期でのセックスを避けることで避妊します。

体調によっては正確さに欠ける場合があるので、他の避妊方法と併用してください。

避妊手術

女性の卵管を糸で縛るか切断するかして、卵子や精子の通り道を遮断してしまう方法です。
ほぼ完ぺきな避妊ができますが、一度してしまえば妊娠する機能を元に戻すことは難しいです。

避妊手術(男性)

別名パイプカットとも言います。
精管(精子の通り道)を糸で縛る、あるいは切断するかしてしまいます。

女性の避妊手術では入院が必要ですが、男性がする場合では日帰り手術が可能です。
やはり、女性と同様に手術後に機能を復元することは難しいです。

避妊に失敗したら?

「コンドームが破れてしまった!」
「正しい使い方がちゃんとできていなかった・・・」

避妊に失敗してしまった、コンドームを正しく使用できなかったときは速やかにアフターピルを服用してください。ここではノルレボナイピルという2つのアフターピルを紹介します。

ノルレボ

ノルレボパッケージ

病院で処方してもらえるアフターピル(緊急避妊薬)です。
危険な行為から12時間以内の服用で99.5%とという高い確率で避妊可能です。

ノルレボは通販でも買う事ができて、24時間いつでも注文できます。お守り代わりとして手元に置いてみてはいかがでしょうか?

ナイピル

ナイピルパッケージ

ノルレボの海外ジェネリックなので通販でしか購入できません。ナイピルは1つのパッケージに1回1錠の錠剤が4回分(4錠)入っています。
本来、アフターピルを何度も使うような状況にはならないほうがよいのですが、ナイピルなら価格が安いうえに4回分を取っておけるので、何回も危険な行為があったときに対応できます。

中絶による身体・精神へのダメージ

中絶とは、のぞまない妊娠をしてしまったときに、人工的に赤ちゃんを堕ろしてしまうことです。
日本では母体保護法という法律で妊娠21週までは認められていて、12週未満では手術によって、12~21週では薬で人工的に流産を起こして行われます。

日本においては妊娠した5人の女性のうち1人が中絶を選んでいるというデータがあります。
中絶というと、経済面での問題で赤ちゃんを育てられない10~20代の若い女性が行っているイメージがありますが、実際は30~40代の女性もおり、年齢や未婚既婚を問わず多くの女性が中絶している現状にあります。

中絶は健康保険の適応対象ではなく、経済的に重い負担となります。
もちろんそれだけではなく、中絶を選択する女性には肉体的・精神的ストレス、中絶を選んだことに対する自責の念や周囲からの批判など相当な負担が襲いかかります。

中絶のために精神を病んでしまう女性もいることから、中絶は女性やそのパートナーにとって無視できない問題と言えるでしょう。
中絶という選択をしないためにも、避妊することはとても重要なのです。

低用量ピルとコンドームで確実な避妊を!

日本人女性は避妊を男性に任せがちです。

「赤ちゃんができたら困るからコンドームをつけて」

あなたはきちんと相手の男性に言えていますか?

まだ子供がほしくないなら正しくコンドームを使いましょう。 絶対にほしくないというなら低用量ピルの服用をおすすめします。

自分で自分の身を守れるすてきな大人の女性になりましょう。 避妊はあなたの人生と未来を守ります。

 


目次