ピルの通販購入ガイド

我慢汁で妊娠はします!外出しセックスで妊娠する確率とその他の避妊方法を解説します。

顔をおおう女性

我慢汁で妊娠ってするの?

あなたのパートナーからセックスの際にこういうことを言われたことありませんか?
「妊娠なんてそんな簡単にしないよ」
「中に出さなければ大丈夫だよ」
「コンドームは着けない方が気持ちいいから着けたくないんだ」

そういった言葉に流されてしまうとあなたが大変な目にあうことになります。
結論から言ってしまうと我慢汁(カウパー線液)で妊娠してしまう確率はけして低くなく無視はできません。当サイトでは、この我慢汁と妊娠の関係について分かりやすく説明します。

我慢汁による妊娠の可能性

どのくらいの割合で我慢汁によって妊娠してしまった人がいるのでしょうか?
あるアンケート調査では約3割の人が外出しをしても妊娠してしまったと答えています。

一般的に妊娠の確率は排卵日付近でのセックスで約30%といわれ、外出しでも避妊していることにはならず、妊娠する確率は通常のセックスと同じです。
つまりセックスにおいて外出しは避妊としての効果はなく、我慢汁が少しでも膣内に入ってしまえば妊娠の可能性が高まるので注意が必要になります。

避妊に失敗してしまった場合

「我慢汁で妊娠するなんて知らなかった・・・」
「外出しだけで何もコンドームは使わなかった・・・」

こうした緊急事態に陥ったときはアフターピルの服用をオススメします。 アフターピルはコンドーム等の避妊に失敗した時に使用する緊急用の避妊薬で、服用時間が早いほど効果を発揮します。

ここでは、確かな実績と知名度を持つノルレボと、ノルレボと同様の効果を持っていながら1錠あたりの価格が安いナイピルの2つのアフターピルを紹介します。

ノルレボ

ノルレボパッケージ

病院に行ったら処方されるアフターピル(緊急避妊薬)です。 危険なセックスから12時間以内に服用すれば99.5%とという高い妊娠阻止率で、ほぼ確実に避妊が可能です。

時間が経過するにしたがってアフターピルでの避妊の効果は下がっていくので、時間との勝負になります。

評価:★★★★★
口コミ用アイコン1

アフターピルを常備してるとしていないとでは安心感が違います。ちゃんと避妊してるんですけど、たまに失敗する時に使ってます。そんなに多くは無いけど、病院に行くよりも通販で安く買えて助かります。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:お薬なび https://okusurinavi.shop/detail.php?pid=554#item_top
評価:★★★★★
口コミアイコン2

念のために買ってたノルレボを使う場面がありました。たぶん期限切れで使う事はないだろうなとおもってたけど・・・。あのとき買っててよかったです。ねんのために、今度は2回分くらい買ってみようとおもってます。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:お薬なび https://okusurinavi.shop/detail.php?pid=554#item_top

ノルレボは通販ならいつでも好きなときに1錠(1箱)3,000円前後で買う事ができます。もしものときのために手元に置いてみてはいかがでしょうか。

ナイピル

ナイピルパッケージ

ノルレボが高いと感じる人にオススメしたいのはノルレボの海外ジェネリックのナイピルです。
副作用が出にくいように始めから日本人の体質に合わせて開発されたというメリットもありますが、1錠あたり700円前後で購入できるというのも魅力です。

評価:★★★★★
口コミ用アイコン1

他のアフターピルばかり買っていたんですけど、これ4錠入りでめちゃくちゃ安いです!知りませんでした!周りにも教えてあげたい。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:お薬なび https://okusurinavi.shop/detail.php?pid=1013#item_top
評価:★★★★★
口コミアイコン2

中絶の経験があります。それ以来妊娠しないようにナイピルを常備しています。3回くらい使いましたが、ちゃんと避妊できました。ネットでいつでも買えるし、アフターピルがあると安心できるのでこれからも利用しようと思います。

※転載している口コミは投稿者の特定を防ぐため一部の内容を修正しています。
参照:お薬なび https://okusurinavi.shop/detail.php?pid=1013#item_top

海外ジェネリックのナイピルは通販でしか手に入りません。コンパクトに分割して持ち運びできるので、外出や旅行中のお守り代わりに購入してはいかがでしょうか。

我慢汁で妊娠するのはなぜ?

ではなぜ射精ではない我慢汁でも妊娠してしまうのでしょうか?
答えは我慢汁には少量ながらも精子が含まれている可能性があるからです。

勃起した状態のペニスでは射精に至る前に精子が尿道に出て行ってしまうことがあり、その迷い込んだ精子が我慢汁と一緒に出てしまうといわれています。
これは目に見えない事なのでイメージしにくいですが、我慢汁にも少し精子が含まれている場合があるということは、この精子が卵子と出会ってしまうと授精してしまい妊娠してしまうという事です。

そもそも我慢汁とは?

そもそも我慢汁とは?

セックスの際射精に至る前に出てくる我慢汁ですが、そもそもこの役割とは何なのでしょうか?
『我慢汁』は一般的な俗称で、正式(医学)では『カウパー線液(尿道球線液)』と呼ばれ、無色透明のぬめりのある液体です。

我慢汁の役割を分かりやすくまとめると下のようになります。

  • 精子の通り道(尿道)を洗浄する
  • 膣内で精子が活動しやすい環境を作る
  • 滑りを良くし挿入がしやすいようにする

このような感じで我慢汁は射精するまでの環境を整える感じです。
また、我慢汁の量が多くなるほど妊娠もしやすくなるといわれています。

ケース別で見る妊娠の可能性

避妊方法に膣外射精とコンドームを選んでいるカップルを例に見てみましょう。

カップルA
  • 月に1回の膣外射精でのセックス
カップルB
  • 週に1回のコンドームでのセックス

あなたはどちらのカップルが妊娠しやすいと思いますか?
答えはAのカップルが妊娠の可能性が高いといえます。

セックスの頻度はBの方が多いですが避妊方法がコンドームなので正しく使用していれば妊娠する可能性は低くなります。

Aのカップルはセックス頻度は低いものの大変危険度が高く、たとえ最後は射精を膣外にしてもセックスの最中は絶えずペニスからは我慢汁というものが出ています。
そのため行為の回数自体は少なくても膣外射精では避妊していることにならないため、妊娠してしまう危険性があります。

Bのカップルの方はきちんとコンドームを使用しているうえでのセックスなので妊娠する可能性は低いですが、それでも避妊確率が100%ではありません。
コンドームを使用した避妊では、正しく装着できていても避妊確率は85%と言われています。
確実にほぼ完ぺきに近い避妊を望むなら、日ごろから低用量ピルを服用するのが一番良いですね。

妊娠の確率は体質によって変わる

女性の平均的な生理周期は28日と言われています。
この平均的な周期で見ると、妊娠しやすい時期としにくい時期に分けることが出来ます。

最も妊娠しにくい時期は生理中で、女性の体では妊娠の為準備していた子宮内膜や卵子が必要なくなり体外に排出される時期です。 次の排卵までは約2週間あり、生理中に避妊を行わないセックスを行っても精子と卵子は出会わず妊娠する確率は低いといえます。

ただし、生理中のセックスは経血が逆流してしまい、生理痛の原因になる恐れもあるため推奨はされていません。

避妊をしない場合の妊娠確率

  • ゴムアレルギーがあるから避妊したくない
  • コンドームをつけないほうが気持ちいい
  • 避妊なしでも今まで一度も妊娠したことがない

もし、上記の理由が思い当たるなら自分がどれだけ危険な行為をしているか考えを改める必要があるでしょう。
避妊をしないことの危険性を確率にして次で説明しますが、これを見て、「妊娠は予定外だった」ということにならないよう参考にしてみてください。

ちょっとした不注意であなたの人生に大きく影響してしまう妊娠のことをもっとよく考えてみましょう。

避妊をしないで中出し

ベッドで絡む脚

危険日の付近でコンドームを着けずにセックスをして妊娠する確率は20~30%とされています。
安全日で行えば、確率は下がりますが、安全日の正確な予想は立てづらいです。
また、危険なセックスは回数が上がれば上がるほど妊娠する確率が上がるというデータがあります。

危険なセックスの回数が1回なら約20~30%。6回(約半年)なら約80%と言われています。
危険日を一切考慮せずにセックスを行った場合は、1年以内に約85%の高確率で妊娠するとされています。

避妊をしないで外出し

外出しは膣外射精とも呼ばれます。
コンドームなどの避妊具を一切使用せずに射精するときだけ外に出すという方法です。

前述したように我慢汁には精子が含まれている可能性があるので、中出しした場合ほどではありませんが、それなりの確率で妊娠する恐れがあります。
約1年間、外出しでセックスをした場合は約4~18%とという数字で妊娠するとされています。

避妊に失敗する確率は理想的なコンドームの使用で2%です。
外出しでの確率を低いと考えるのは安直な考えです。


面倒くさがらずに必ず避妊することを心がけてください。

妊娠を避けるためには?

今は妊娠したくないというのなら『避妊』しましょう。
コンドームだけが避妊方法ではありません。
コンドーム以外の避妊方法としては、以下のものがあります。

  • 低用量ピル(経口避妊薬)
  • IUD(子宮内避妊用具)
  • IUS(子宮内避妊システム)
  • オギノ式(リズム法)
  • 避妊手術

いずれも女性が主体的に使える方法です。
避妊を男性に任せきりにするのはやめましょう。
そして、避妊してほしいと伝えているのに、断るような男性とは付き合い方を考え直す必要があります。

我慢汁で妊娠はしないは噂の一人歩き!!

「我慢汁では妊娠しないよ」
こんな迷信はただの噂の一人歩きです。

こんなことを言う男性はあまりに避妊の知識がなさすぎるので、女性のみなさんは信じないようにしてください。

我慢汁でも妊娠します。
もし、流れにまかせて危険な行為をしてしまった・・・という人はただちにアフターピルで緊急避妊をしてください。

最終的に自分の身を守れるのは自分だけです。

望まない妊娠を避けるためにも普段から避妊をしっかり行いましょう。
念のために、アフターピルを常備しておくことをオススメします。

 


目次