避妊改善サイト

マーベロンはどんな低用量ピル?
効果・特徴・入手方法をお伝えします

目次

マーベロンとは

マーベロンは、使いやすくてメジャーな低用量ピルです。
避妊ができるほか、こんな特徴があります。

・生理日を調整しやすい。
・ニキビができにくい。

それでは、マーベロンについてより詳しくご紹介します。

マーベロンの効果

マーベロンの効果は、以下のとおりです。

・避妊できる
・ニキビを治せる
・生理日をずらせる
・生理痛や生理不順を解消できる

マーベロンには、「デソゲストレル」という女性ホルモンが含まれています。
このデソゲストレルを人工的に取り入れることで、上記の効果を発揮します。
マーベロンの強みは、ニキビを治す力です。
大人ニキビの原因のひとつである「ホルモンバランスの乱れ」を整え、きれいな肌へと変えていきます。

避妊の効果はコンドームよりも高く、正しく使えば約99%の避妊率というデータもあります。
そのほか生理痛に悩む人や、生理日をずらしたい人にも役立つアイテムとなるはずです。

マーベロンの特徴

マーベロンの特徴はこちらです。

・国内製品は厚生労働省の認可を受けている
 →病院でも処方される
 (海外製品は未認可だが、医療機関で処方される場合がある)

・1錠あたりの成分量が21錠すべて同じ
 →飲み方を間違えにくい
 
・有効成分はデソゲストレル
 →男性化症状が出にくい、血栓症のリスクがやや高い

男性化症状:ニキビが出やすくなったり体毛が濃くなったりすること
血栓症:血液が固まり、血管をふさぐこと

世代と相性

マーベロンは、第3世代1相性の低用量ピルです。
低用量ピルは世に数多くあり、「世代」と「相性(そうせい)」で分類されます。

世代とは、開発順とその成分で見た分類で、現在は第4世代まで確認ができます。
新しいほど優れているわけではなく、目的と体質に合わせた選択をすることが大切です。

相性とは、含まれるホルモン量で見た分類で、メジャーなものでは3相性まであります。
ホルモン量がすべて同じなら1相性、3段階に分かれていたら3相性です。

第3世代1相性のマーベロンは、ニキビを治したい人やシンプルさを求める人に好まれます。

マーベロンの副作用

マーベロンにはこんな副作用があります。

よくある副作用
・吐き気や嘔吐
・不正性器出血(生理以外の出血)
・乳房のはり
・頭痛
・だるさ
・発疹
・下痢
・腹痛
・月経過多
        など

重大な副作用
・血栓症(血液が固まり血管をつまらせる病気)

長期使用によりリスクが高まる病気
・乳がん
・子宮頸がん

海外の調査に、デソゲストレル(マーベロンの有効成分)を1年間使って血栓症を発症したのは1万人あたり2人というデータがあります。
また、乳がん・子宮頸がんの発生頻度は非常に低いですが、定期的な検診は受けましょう。
検診は、たとえマーベロンを使っていなくても大切なことです。

マーベロンは飲みはじめに副作用が出やすい薬です。
しかし慣れてくればそれ以上の効果が体を助けてくれるので、必要以上に怖がることはありません。

マーベロンの飲み方

マーベロンには、21錠と28錠の2種類があります。

普段忘れっぽい人は28錠がおすすめです。
その理由は、プラセボ(偽薬)にあります。

プラセボとは有効成分の入っていないただの錠剤です。
一般的に低用量ピルは、体の周期に合わせて7日間の休薬期間があります。
ここで毎日飲む習慣を忘れないための、プラセボ7錠です。

それではさらに詳しくご説明します。

21錠の飲み方

21錠は、生理1日目から21日間毎日1錠飲んで、7日間休みます。
この繰り返しです。

7日休んでいる間に、生理の代わりとなる消退出血があります。
経血の量も少ないので、生理痛もひどくなりません。

21錠のポイントは7日休んだ後に忘れずに飲み始められるかどうかです。
24時間以内に思い出したらそこで忘れた分を飲みましょう。
したがってその日飲むのは全部で2錠です。
24時間以上たってしまったら次の生理からやり直しです。

リマインド機能やメモを駆使し、忘れないようにしましょう。

28錠の飲み方

28錠は、生理1日目から毎日1錠飲みます。
休みはありません。

有効成分を含む錠剤を21日間飲んだ後、プラセボ(ただの錠剤)を7日間飲みます。
プラセボは飲む習慣を続けるための偽薬です。
そのためプラセボを飲み忘れても問題ありません。
忘れた分は破棄し、とにかく日数を守りましょう。

有効成分を忘れたら、24時間以内に思い出した時点で飲みます。
その日の分はいつもの時間で飲むので、その日は全部で2錠飲むことになります。
24時間以上たったら、残念ながら次の生理からやり直しです。

忘れっぽい人は、習慣にしやすい28錠がおすすめです。

マーベロンの注意点

マーベロンには、一緒に使えない併用禁忌・併用注意の成分があります。
うっかり使ってしまうと、体に支障が出たり、薬の効果に影響が出たりします。
効果を確実に出すため、注意点はきちんと確認しておきましょう。

併用禁忌

マーベロンの併用禁忌は、次の成分です。

・オムビタスビル水和物
・パリタプレビル水和物
・リトナビル配合剤

上記成分が使われるのは、主にC型慢性肝炎の治療です。
マーベロンと一緒に使ってしまうと、血液に異常が出ることがあります。
もし肝炎の治療中なら、マーベロンは避けましょう。
避妊目的なら、別の方法への変更が必要です。

マーベロンは肝炎の治療が終わって2週間後から使えます。

併用注意

マーベロンの併用注意は、次の成分です。

・副腎皮質ホルモン
・三環系抗うつ剤
・セレギリン塩酸塩
・テトラサイクリン系抗生物質
・ペニシリン系抗生物質
・血糖降下剤
・ラモトリギン
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
・セイヨウオトギリソウ
        など

これらの成分と一緒に使うとお互いに効果を低下させてしまう可能性があります。
通院中の場合は、必ず担当医(または看護師)に相談しましょう。

その他

その他、マーベロンを使ってはいけない人はこちらです。

・40歳以上の人
・1日15本以上タバコを吸う人
・心臓、肝臓、肺、血管など臓器に異常があるまたはあった人
・女性器に異常があるまたはあった人
・血栓ができやすいまたは血縁者に血栓症患者がいる人
・肥満の人
・高血圧の人
・てんかんのある人
・テタニーのある人
・妊娠中または妊娠の可能性がある人
・授乳中の人
・手術前4週間、術後2週間、産後4週間の人
        など

自分の過去の病気だけでなく、家族の病気もチェックが必要です。
しっかり確認し、不安を解消した上で使いましょう。

マーベロンの入手方法

マーベロンの入手方法は2通りです。
病院処方か通販(個人輸入)で入手できます。

この2つにどんな違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

病院処方

病院処方の良いところは、医師の指導のもとマーベロンが使えるところです。
具体的には次の点です。

・安心してピルを使える
・疑問を解消できる
・ピルを使えない過去の病気(既往歴)などもチェックしてもらえる

情報量の多い説明書とは違い、自分に向けた説明を医師からしてもらえます。
「これってどうなの?」も質問すれば解決します。
自分で判断するのが怖い方は、病院処方なら安心です。

一方、問題点は次の点です。

・病院へ行く必要がある
・初診料や診察料を合わせると少々高い

婦人科になじみのある人は多くありません。
今はオンライン診察ができる病院もありますが、人とのやりとりはどうしても必要です。
また、マーベロンは毎日使うことで効果を発揮します。
1回あたりの値段はなんともなくても、積み重なると大きな出費です。

値段は気にしないから安全をとりたい、慎重派の方は病院処方がいいでしょう。

通販(個人輸入)

マーベロンは通販でも購入が可能です。
具体的には、海外から取り寄せる「個人輸入」という方法です。
下記サイトを利用すれば、簡単に購入ができます。

・お薬なび
・ベストケンコー
・ライフパートナー

通販の1番の強みは、手軽さです。
具体的には次のとおりです。

・誰にも知られずに入手できる
・どこでも注文できる
・安い

婦人科は、たとえ治療目的でも周りの目が怖く感じることもあるでしょう。
そのほか、忙しくて病院へ行けない方もいるでしょう。
そんな場合は、通販を利用すればどこでも注文が可能です。

そして、通販は診察料がない上に、まとめ買いだと個数が増えるごとに割引率も上がります。
ポイントは、安くても病院処方と同じ内容な点です。
同じ中身で安いなら、安い方が嬉しいですよね。

反対に、次のような悪い点があります。

・自分で情報を調べる必要がある
・すべて自己判断になる

病院処方なら、使用方法もわからないことへの質問も丁寧に答えてくれるはずです。
マーベロンを服用しても大丈夫か、過去の病気などから判断してくれます。
通販ではそれらすべて自己判断です。
ネット上にはたくさんの情報がありますが、自分だけに向けた情報を知りたい人は、通販より病院処方がいいでしょう。

マーベロンを処方されていてこの先も利用する人は、通販が使いやすいです。

関連記事

PAGE TOP